倒産危機は宇都宮にも迫っている

あなたも、業界の動向、ライバル店の動向は気になりますか?

流行りを追うのも大切ですが、迫り来る危機をどのように回避するか…周囲が苦境にあえぐ中、あなたはどのように突き抜けるかを考えていく必要があります。

このように業界の動向を調べる場合は…東京商工リサーチを参考にしてください。

2017年、2018年のレポートを紹介しますね。

2017年「飲食業」

今年2月から、個人消費喚起を向上させるキャンペーンとして鳴り物入りで、プレミアムフライデーが実施されたが、それを尻目に2017年1-10月の「飲食業」の倒産は634件に達した。前年同期より2割増で推移し、3年ぶりに年間750件を超える勢いをみせている。
引用元:http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20171109_06.html

2018年「美容室」

2018年1-11月に全国で発生した「美容室」倒産は86件に達し、年間では過去10年で最多になる可能性が高くなった。「美容室」の倒産は過半数が個人企業で、従業員5人未満が全体の約9割を占めるなど、小・零細規模が多かった。
引用元:http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20181210_02.html

レポートで言っていることは同じで、販売不振が倒産の主たる原因ということです。

解決策はただ1つ

解決策は、

売れ!売って、売って、売りまくれ!

です。

 

これ以外はありません。

 

売るための3ステップ

あなたに考えて欲しいのは、

  • 誰に
  • 何を
  • どうやって

売るか…です。

 

当然、すでに考えていると思いますが、改めてしっかりと考えて欲しいのです。

ただ、これだけしか考えないのでは、競合と一緒です。

競合と一緒…これが悲劇の原因

お客様に「どこも一緒」と思われている状態、これが最も危険な状態です。

例えば、「宇都宮 美容室」と検索すると…

こんな感じでマップに表示されます。

もちろんここに掲載されていないお店もあると思います。

このような状況の中で、あなたは、自分のお店をお客様に選んでもらう必要があります。

あなたは、競合との差別化で何をしますか?

これを考えるヒント

あなたは、いつも行っているお店を選ぶ基準は何ですか?

これをいっぱい書き出してみてください。

もしくは、お客様に直接聞いてみてください。「なぜ、うちのお店に来てるの?」と。

そこから差別化が始まります。

関連記事

  1. 集客に必要な考え方

  2. 秘密裏に進められているGoogleの支配工作

  3. 単純に宇都宮の可能性を考える記事

  4. あなたが「伝えたいこと」は何ですか?

  5. 誰も教えてくれないSNSマーケティング

  6. インフルエンサーの本当の意味を知っていますか?

  7. 栃木県のお店が栃木SCと仲良くするべき理由

  8. あなたのお店にお客さんが集まる2つのポイント